早翠の理念 MESSAGE

『心の原風景』を紡ぐ。

あなたの幼少時代を思い出したとき、まず一番に頭に浮かぶ景色は何でしょうか?
嬉しいとき、悲しいとき、その時の日の光や香り、ふとした瞬間の情景。
溢れでる思いと共に、鮮やかによみがえるあのときの風景。

それが、あなたの”心の原風景”です。

ゆったりとした安堵感と共に、静かに自身を励まし、前を向く勇気を与えてくれる”心の原風景“は、「わたし」の拠り所であり、自らをふり返る起点となるものです。

また、“心の原風景“は、人の内面のいちばん深層で人間性を形作り、支えてくれるものでもあります。つまり、「人格」、「ひととなり」と呼ばれるものは、幼児期の教育の中で培われ、形作られていくのです。

人格形成の基礎となり、長い人生を支えてくれる幼児期の体験。
早翠幼稚園では、子どもたちひとりひとりの心に触れながら、強さ・たくましさ、やさしさやこころの豊かさ、しっかりとした学力・思考力、豊かな情緒や感性など、子どもたちが成長して、自分自身の力で豊かな未来を切り開いていく力を、豊富な経験の中で培っていきます。

そして、子どもたちにとって“心の原風景”となる経験を紡いでいきたいと強く願い、早翠学園の基本理念としてこれを掲げています。

早翠学園園長 徳本達之

早翠学園10の魅力