早翠学園10の魅力 Ten of Charm

POINT 1

創立100年の歴史 蓄積された教育的知見とその活用


早翠学園創業時の写真
早翠学園は、幼児教育の必要性を痛感した創設者(仏教寺院住職)が、大正5年に県知事より認可を受けて設立した、100年の歴史を持つ伝統的な幼稚園です。「心とからだの健やかな子どもに育てよう」という教育目標のもと、仏教的な慈愛の精神に基づき、心身ともに健やかな子どもの成長を願い、幼稚園教育に取り組んできました。その100年にも及ぶ長い歴史の中で蓄積された教育的知見は、現代の早翠学園まで受け継がれており、日々の教育内容にその哲学が余すことなく反映されています。

早翠学園の卒園生は、7000名近くに及び、幅広い分野で大きく活躍しています。これまでも、そして、これからも、子どもにとって最高の学び舎として、理想的な教育内容、教育環境で子ども達を育んでいきたいと願っています。

POINT 2

『幅広さ』『奥深さ』『高度さ』を徹底的に追求したカリキュラム

早翠学園では、子どもたちの経験の『幅広さ』と『奥深さ』と『高度さ』を徹底的に検討し、日々のカリキュラムの目的・狙いを明確化した上で子どもたちに多様な経験を提供します。
 早翠学園は、ただ単に歌や、お遊戯、折り紙などを、教えてくれるところではありません。また、規定の時間中に子どもを預かり、単に遊ばせておくだけの所でもありません。

いわば、一人ひとりの子どもの、人間としての基礎部分、成長する芽を、幅広く豊かな経験の中で伸ばしていくのが、早翠学園の役目です。
そして、次の5つの面から、子どもの成長を見つめ、一人ひとりがバランスのとれた人間として、大きく成長していく教育環境を作ることを目標としています。

  1. ① 健康な体の成長を助長し、生きていく力を身につける
  2. ② 自立心を育て、社会性を養う
  3. ③ 身近な環境に関わり、思考力を育てる
  4. ④ 言葉を豊かにし、心を育てる
  5. ⑤ 感性を育て、創造性を豊かにする

早翠の理念

POINT 3

慶應義塾大学大学院・先端ICT企業との連携

早翠学園は時代の変遷に適応した最新の教育内容を子どもたちに提供します。
2015年に本園は“学ぶ学校”として”Samidori Lab”を開設し、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科と共同で、最先端のテクノロジーを用いた新しいカリキュラムを開発し、子どもたちに提供しています。

また、幼児教育のための知育アプリケーションで国内トップシェアを誇る(株)Smart Educationと提携し、21世紀型スキルの獲得に向けた、ICTを活用した授業を企画・開発しています。

POINT 4

教育品質マネジメントの国際基準 ISO9001認証取得

早翠学園では常に高い理想を掲げ、広い視野に立った教育を100年の伝統に根ざしながら推し進めて参りました。高水準の幼稚園教育を維持し、よりよい教育内容を願って、品質マネジメントの国際基準であるISO9001:2000の認証も取得し、現在も継続審査を受けています(全国でも10園程度、福井県内では早翠学園のみ取得しています)。これからも、常に幼児の豊かな幸せを目指して幼稚園全体の教育活動が、より望ましいものになるようにより努めていきたいと思います。

POINT 5

子ども一人ひとりを大切にする教育指導

早翠学園では、子ども一人ひとりへのきめ細やかな教育指導を実現するため、教員一人当たりの園児数が○人となっています。これは全国平均の○人より遥かに優れた数字です。このように、早翠学園では、先生たちが一人ひとりの園児にじっくりと向き合うことができる環境を整備しています。

POINT 6

子どもの心身の発達を最大限に引き出す園舎設計


早翠学園は、幼児教育総合事業で国内トップシェアを占める、㈱ジャクエツをグループとして運営しています。早翠幼稚園・第二早翠幼稚園ともに、ジャクエツグループのモデル幼稚園として、全国トップレベルの教育環境整備を実現しており、早翠の園舎の設計は、子どもの心身を第一に考えた美しい遊環構造となっており、身体能力を最大限に拡充する設計がなされています。

POINT 7

恵まれた保育環境 —自然体験施設完備—


早翠学園は、子どもたちの自然体験をより豊かにしたいという願いから、敦賀湾に面した西浦海岸の3000坪の敷地に『さみどり自然観察園』を整備して、日々の教育に活用しています。さみどり然観察園は、若狭湾国定公園内に位置し、きれいな海と砂浜、豊かな木々に囲まれています。階段を使って砂浜や磯まで降りることができ、敦賀の海の豊かな自然と触れ合うことができます。また、『さみどり薔薇園』では、ふくよかな香りの中、メダカ池などをめぐりながら楽しいひとときを過ごします。早翠幼稚園はこの豊かな自然を体感できる施設を十分に活用して保育をしています。

POINT 8

ハイレベルな幼稚園教諭による教育指導

早翠学園の教員は、幼児教育のプロフェッショナルとして、園内で実施される豊富な教育制度で得た知識を日々の教育現場の中で実務に落とし込み、自身の教育的な方法論の糧とし咀嚼しています。

  • ・様々な大学から幼児教育分野の教授を請待し、教員向けのセミナーを行っています
  • ・退職したベテランの先生方が各クラスの現場に入り、教員一人ひとりに細かい授業改善案をご提供いただいています
  • ・クラスや学年を横断した密なコミュニケーションにより、内省で日々のカリキュラムを策定しています
  • ・『Plan-Do-See-Action』をモットーに、過去のすべての授業記録をデータとしてアーカイブし、早翠の教育に役立てています
POINT 9

「安心・安全・健康」な食育へのこだわり

早翠学園では、「安全・安心・健康」ということを原則に、子ども達が、楽しい雰囲気のバランスのとれた給食を、食べてくれることを願い、幼稚園内の厨房で毎日心を込めて給食を作っています。

  1. 1. ご飯は、有機無中で、おいしく、農薬栽培のお米を使用しています。
  2. 2. 食器は、強化セラミック(陶器)を使用しています。
  3. 3. 調理油は、なたね油を使用しています。
  4. 4. 原則として中国産の食材は使用していません。
  5. 5. その他(無農薬野菜、有機栽培野菜、地産地消など…)
  • ●食物アレルギー体質の園児に対しては、家庭と連携し、出来るだけ対応していきます。  担任とご相談下さい。(※専門医の指導にしたがって食事療法をしている方)
  • ●摂取栄養などは、学校給食標準食品構成表に準拠して行っています。
  • ●毎月1回、お弁当の日があります。(行事などの日もお弁当になります。)
  • ●年少組と年中組の3学期に、給食試食会を予定しています。

【無農薬有機栽培米の使用について】
幼稚園のお米は、すべて無農薬有機栽培のものを使っています。現在は、若狭町(旧三方 町)、滋賀県農家の方が手作りしているお米を使っています。おいしいご飯を、安心して 食べてほしいと思います。

【使用食材について】
幼稚園の給食の食材は、原則として国内産のものを使っています。中国産については、当面、使用を全面的に中止しています。(既製のドレッシングに入っているゴマのみ中国産・安全審査済み)地産地消で、出来るだけ地元で取れたの食材を使い、無農薬・有機の食材の使用を増やしていきたいと努力しています。
また、トレーサビリティーの確保できないものは、なるべく使用を控えています。

※トレーサビリティとは日本語訳では、追跡可能性という言葉があてられることが多く、私たちが手にする食品の履歴を、流通システムの構築や表示によって追跡できるようにして、明らかにしようということが目的です。

POINT 10

様々な子育て支援活動

早翠学園では、正課の教育内容の他にも、様々な子育て支援活動を展開しています。0歳~2歳児を対象とした未就園児向けカリキュラム等、いずれも非営利の社会的取り組みとなっています。詳細は早翠の子育て支援活動をご覧ください。

子育て支援活動